ランディングページ(LP)とは?得意分野や構成、相場などの疑問を網羅

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

ランディングページ(LP)って集客にどのような効果があるのか?自分のビジネスはランディングページ(LP)での集客に向いているのか?そもそもどんなふうに作れば効果が出るのかわからない・・・
この記事では9年間ランディングページ(LP)ばっっかり作り続けてきた私がポジショントーク一切なし無しでランディングページ(LP)について初心者にもわかりやすく「簡単に徹底解説」します。


 ランディングページ(LP)とは?

ランディングページとは、Web検索やWeb広告などを経由して、訪問者が最初にアクセスするページのことで、LPとも呼ばれます。英語で表記するとLanding Pageで”Landing”は「着地する」という意味で、ページに着地するイメージが名称の起源です。


LPと検索すると、LPOという用語もよく並んで出てきます。OはOptimization→【最適化】という意味です。つまりLPOとは【ランディングページ最適化 】と訳せます。
LPを最適化する施策や活動の事を指し、最適化というのは要するに、効果を上げていこうという事です。

LP制作→LPを作る事。
LPO→作ったLPを改善していく事、というように使い分けてください。

ただし、実際に使われている『ランディングページ(LP)』では、「広義のランディングページ」と「狭義のランディングページ」という少し異なる2つの意味が存在します。
「広義のランディングページ」は、言葉のそのままの意味に近い『ホームページでユーザーが最初にアクセスするページ』のことを指します。例えば、ユーザーが検索をして最初に「サービス紹介」のページにアクセスした際、このページがランディングページになります。ちなみに、Googleアナリティクスの左側のメニューのランディングページは、広義の意味でのランディングページのことを指します。一方で「狭義のランディングページ」は、訪問者に購入や問合せを促すことに特化した縦長のレイアウトのページのことを指します。WEBマーケティング業界で使われる『ランディングページ(LP)』は、主に狭義の意味ことが多いです。

本記事では縦長1枚のランディングページ(LP)についてを中心に解説しています。

ランディングページ(LP)の役割はとてもシンプルで、「第一印象を徹底的に良くする」「なるべく即決を取る」事を目的とします。
複数ページに渡るWEBサイトでも、一番訪問されているページ(だいたいTOPページ)が一番改善のインパクトが大きいのは想像できますよね。
一番最初に見るページが好印象で、さらにそのまま衝動的にでも買ってもらえたら最高ですよね!

ホームページとランディングページ(LP)の違いは?

ここではホームページの定義をページ数が複数にわたるWEBサイトとします。サービスサイトや採用サイトなどもあてはまります。

ホームページと縦長のランディングページ(LP)では、まず目的の違いについて整理する必要があります。
ホームページは、事前に何かの接点で企業や商品について知って、より具体的な情報を求めて訪れたり、何かを調べていて検索結果に表示されたときに流入するユーザーに対して、知りたいことの答えを提示するページです。一方、ランディングページ(LP)は、ひとつの商品・サービスに対して、購入や問合せなどの何等かの行動(コンバージョン)を促すことを目的としています。

そのため、ホームページでは、ユーザーが知りたい情報を分かりやすく収集できるように、情報を網羅的に、また、分類・整理して、複数のページにわたって配置するのが一般的です。また、トップページを起点として、下層ページに遷移してもらうことで、さらなる情報をユーザーにとってもらうため、ナビゲーションを配置したり、トップページや最初に流入することが多いページには、分かりやすくリンクを配置することも特徴です。反対にランディングページ(LP)では、ユーザーに行動を促す必要があるので、その判断材料となりうる情報にしぼって、伝える必要があります。単なる商品紹介のためのページではなく、ページ上で営業するためのページです。営業の最中によそ見をされないためにも、基本的に、離脱の原因となる他のページへのリンクは作らず、お問い合わせフォームや、購入カートのみのリンクを配置して、スクロールによって、上から順番に情報を伝えていき、クロージングをかけてユーザーにボタンを押すことを誘導するような形になります。

ランディングページ(LP)はなぜ縦に長いページが良いの?効果あるの?

ランディングページ(LP)のメリットを列挙すると
・購入まで一直線に訴求しやすい
・ページを創るのに時間がかからない。
・1ページしかないのでABテストなどのテストがしやすい
このように、複数ページに渡るWEBサイトを作るよりも、お手軽に始められて、且つユーザーニーズをつかむためのテストもしやすいという理由があります。たまに、縦長1枚で本当に購入まで至るの?と聞かれることがありますが、BtoBでもBtoCでも物販でもサービスでも幅広く活用されています。過去にも、化粧品や健康食品などのEC、SaaSなどのBtoB向けのツール販売や、コンサルティングなどのサービス、不動産や士業、求人など幅広い商材で取り組んできました。ただ、ランディングページ(LP)で売りづらいものがあるのも事実、、、次のパートで得意不得意なジャンルについて説明します。

ランディングページ(LP)に得意不得意なジャンルはあるの?

9年もランディングページ(LP)ばかり作っていると、さすがに商品やサービスによって得意不得意は判断できるようになります。
ですがその前に、ランディングページ(LP)で獲得しづらい商品があるというよりは、集客方法を間違えてコケているケースも多いです。
私たちは月に100件くらいの問い合わせがきますが、「その集客方法じゃ厳しいよね~…」と思うものも少なくありません。
例えばどういうことかというと

・Google検索広告の場合

GoogleAdwords広告
赤枠の部分が広告枠

こちらのGoogleの検索結果に出てくる広告枠はランディングページ(LP)の運用で超王道の広告手法です。
この広告であなたは”ユーザーが検索したキーワードに連動して広告を出せる”ので既に商品を求めているユーザーに訴求できます。
ユーザーの動きは
検索する→広告を見る→広告をクリックしてWEBサイトを確認する
という流れになるので、能動的なユーザーが多くなります。

・Facebook広告の場合

Facebook広告
タイムラインに出てくる広告と、右側に表示される広告がある

Facebook広告は自分が検索していなくても勝手に広告が出てきますよね?Twitter広告でもInstagram広告でも同じくです。
つまり「受動的なユーザーが多い」のです。

上記のモチベーションの差を考えると、広告チャネルごとにやる事が変わってきます。例えば・・・
・例)化粧品を通販で売る場合
Google検索のLP(能動的)→検索キーワードに連動したランディングページ(LP)を作成
Facebook広告のLP(受動的)→口コミで話題になっている、オススメセットがある、など受動的な人を動かす訴求

・例)法人向けのシステムを売る場合
Google検索のLP(能動的)→検索キーワードに連動したランディングページ(LP)を作成、他社より優れているなどの訴求
Facebook広告のLP(受動的)→ノウハウ資料をダウンロードしてもらう、セミナーに呼び込む

どうでしょう?つまり、ある特定の商品がランディングページ(LP)で売りやすいかどうかよりも前に、そもそもユーザーのモチベーションとマッチした導線じゃないと、どんな商品でも売れないランディングページ(LP)になってしまいます。

しかしこれでは答えになっていないので、そもそも論を抜きにしてランディングページ(LP)の向き不向きの傾向を考えるとそれは、「縦長1ページのWEBページで売りづらいもの」と言い換えることが出来ます。
例えば医療機器などの説明がめちゃくちゃ難しくて長くなりそうなもの。治療などのセンシティブな情報を扱う場合などは、案件としてきたら「難しそうだな」って思っちゃうことはありますね。
あとは強みも差別化も無い商品は難しいです。まぁ見せ方で売る事は可能なのですが、、、長続きはしないですね。

ランディングページ(LP)にはどんな集客方法があるの?

次に、代表的な集客方法とその特徴を書いていきます。
1.検索連動型広告(Ggoole/Yahoo!)
GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索した時に出てくる広告です。
あなたは「このキーワードで検索された時に」「この広告文を」「この価格で出そう」という設定が出来ます。
費用はクリック型課金といって、任意の広告費用をGoogleなりYahoo!なりにデポジットしておきます。
広告がクリックされるたびにデポジットからお金が引かれていく仕組みです。

Google/Yahoo!の広告で出来る事をサクっと知りたい方はこちら!
Google広告でできることサマリー!
Yahoo!プロモーション広告でできることサマリー!

2.SNS広告(Facebook/Instagram/Twitter)
SNSのタイムラインに表示される広告です。クリックされたらお金がかかるタイプか、1000回表示されたらいくら、みたいな表示回数での課金があります。
SNS広告の特徴は、ユーザーの年齢や性別や興味関心などを絞り込んで配信できるので、あなたの商品を買いそうなユーザーにアピールする事が出来ます。例えばママ向けの商品を扱っていたら子供の居る女性の方に広告を配信したり、エグゼクティブ向けの広告を配信したければ興味関心で絞り込んだりなど、属性を絞り込んだ配信が可能です。

3.メルマガ
過去に購入した人や、名刺のリスト、などなにかしらのリストに対してメールを配信し、そのリンク先の申し込みや購入ページとして使う場合です。
BtoBだとセミナーとかで良く使います。BtoCですと、リピートを促す用や割引キャンペーン、新商品の案内とかでメルマガ用のLPを作る事がありますね。
もちろん、メルマガでもつかって広告でもつかってというやり方をする事もあります。最近はLINE@の運用をしたり、メールを見ない客層に対するアプローチも様々です。

4.営業用
営業時に見せる、御礼メールにつけておくなんてこともあります。検索需要が全然ないサービスは検索連動型広告から獲得しづらく、尚且つユーザー属性でのターゲティングもし辛いとなるとSNS広告でも獲得しづらいです。
それがどういう場合かというと、例えば「屋台オーナーに対して売上げアップコンサルティングを提供」しているとしましょう。(実際に似たような案件は結構あります)その場合の理想は「全国の屋台をやっているオーナーだけをターゲットにする」といった具合ですが、ほぼ不可能です。いくつか方法はありますが、
・屋台オーナーが検索している固有のキーワード、業界的なものがあれば入札
・屋台オーナーがこぞって見ているサイトなどがあればそこに広告出せないか調べる
などですね。でもこれがほとんどないケースの方が多いです。そうすると、全国の屋台オーナーのリストを入手し、インサイドセールスなり、直接的な営業をしちゃった方がWEBより効率が良くなります。
その時に見せる用のLPだったり、営業後の御礼メールに添付するっていうニーズは案外あります。

ランディングページ(LP)構成ってどうやってつくるの?

正解はあるようでありません。ここは各社ノウハウが違うところだと思います。私の会社ですと1年あたり100本ぐらいのランディングページ(LP)を9年間作り続けてきて、おおよそ、このコンテンツが鉄板だ!みたいなものはあります。ただ案件によって毎回切り口は変わります。広告予算や、かける媒体によっても打ち出しを変えます。
例えばFacebook広告でランディングページ(LP)を配信したりするときは「新規性」や「話題性」を演出したLPを創ると割と上手くいきます。もしくはおもいっきりライトな作りにしてPDFをダウンロードしてもらってメルマガで追いかけるとか。このように商品やサービスや予算によってバラバラで、毎回作り替えています。


ただし、どんな商材でも重要なのは、ユーザーの求める情報を伝わりやすく配置することです。また、適切な長さについてもよく聞かれますが、これも明確には決まっておらずユーザーが求める情報を書ききれる分量がおすすめです。ランディングページ(LP)は、最終的にユーザーに起こしてもらいたい行動が決まっているので、その判断材料となる情報を上から順番に配置していきます。いいランディングページ(LP)は上から読むと、きれいなセールストークになっているパターンが多いです。具体的には、その商材を手に入れることで、ユーザーが手に入れられる『結果』とその『証拠』、その結果が本当なのか、信用できるのかを伝える「信頼」「共感」です。直接商品を見る・使うことができないため生じる疑念を払拭するためのお客様の声『共感』誌メディア掲載実績や業界No1などの『信頼』のコンテンツを置きます。各コンテンツのライティングでは、ユーザーが分かりやすく、読みやすい言葉や文字量で書いてきます。また、FAQと言われるよくある質問の内容はコンテンツの要素として有効性が高いです。一度洗い出してみるといいでしょう。構成の詳細なノウハウはこちらからご覧ください。

構成のなかでも特に重要なのは、キャッチコピーです。ランディングページ(LP)では、ファーストビューで離脱されてしまうとまずコンバージョン(CV)することはありません。そのため、キャッチコピーでいかにユーザーに自分事として捉えてもらう、共感・驚きを与えられるかが重要です。たくさんのWEB広告を見慣れているユーザーにとって、例えばよく見かけるようなぼんやりしたキャッチコピーや、専門用語で難しい内容ではなかなかスクロールしてもらえません。ユーザーになりうるペルソナの具体的な悩みやニーズを明確にして、それに答えられる商品やサービスであること、手に入れることによって、ユーザー得られる変化をキャッチコピーにできると、スクロールしてもらえる可能性が高まります。

ランディングページ(LP)に使う写真はどういったものがいいか?

ストックフォト

一番いいのは、プロの写真家に撮ってもらった、オリジナルの写真ですね。写真が占有する割合って結構大きいので写真のクオリティが高いと全体のクオリティはめちゃくちゃ変わります。あなたもきっとそうだと思うのですが、ストックフォトって、見たらわかりますよね?w なのでこういう業界にいない方でも、やっぱりストックフォトって”素材感”あるんですよね。あとは、良いモデルさんは結構カブリますwBtoBだと特に、ストックフォトは見抜かれやすいですね。
例えばこの人たちはよく見かけますよね。

ランディングページ(LP)のデザイン・UIは?

ランディングページ(LP)のデザイン・UIでは、伝えたいことが伝わる見た目になっていることが重要です。
自分がなんとなくWEBページを見ているときを想像すると分かりやすいですが、ユーザーはあまりじっくりページを見ません。流し見しながら、目に付いたところ、気になったところでスクロールする手をと留めますよね。そのため、特に伝えたいテキストやパーツがユーザーの目にとまるようにすることが重要です。

ただし、ランディングページ(LP)のデザイン・UIとまとめて書きましたが、実際はデザインとUIは異なります。

デザインは、イメージや雰囲気を用いて、テキスト以外でユーザーに商品やサービスの魅力を伝えるためのものです。商品やサービスのブランド、世界観を伝えるデザインにする、ユーザーが好むデザインにするなどの決め方があります。もう少し具体的に例えると、ブランディングだと、商品のパッケージと揃えたり、会社のロゴやイメージカラーと揃えたりすることが分かりやすいですね。ユーザーの好みにあわせるデザインだとユーザーの目に留まりやすそうな色合いにしたり、ユーザーがもともと馴染みのあるサービス、例えば使い慣れているSNSのテイストに合わせるなどが考えられます。正解はありませんが、ユーザーが見たときにどのように感じるかという視点を持つことが重要です。

一方で、『UI』は、見た目だけでなく操作性などの使いやすさまでを含みます。ランディングページ(LP)のデザインで課題の原因としてあがりやすいのは「UIが悪い」ことが多いです。
そもそも「UI」とはユーザーインターフェイス(User Interface)の略で、一般的にはユーザーと製品やサービスとのインターフェース(接点)のことを指します。WEBサイトでのUIは、サイトの見た目・使いさすさのことを言います。

例えば、ランディングページ(LP)のメインカラーを緑にした場合、CTAのボタンをを黄緑にすると、全体の統一感もあり、デザインの視点では間違いではありません。ただし、ランディングページ(LP)は、あくまでコンバージョン(CV)を目的とするものです。流し見しているユーザーにとって、緑のなかの黄緑のボタンだと、全体のデザインに埋もれてしまい、CVRが下がってしまいます。

また、一般的にはランディングページ(LP)では、テキストを読んでもらえたら貰える分だけCVRが高くなると考えて問題ありません。(余計なテキストがある場合は別ですが…)書いてある文字のフォントや大きさ、背景などの効果によって、ユーザーに読ませるものまたUIの役割だと言えます。

このように、ランディングページ(LP)のデザインと一口にいっても、伝えたいテキストを読ませたり、CTAなどの、ユーザーの目により止めたいパーツを目立たせるためのUIの視点と、テキストで伝えきれない情報を伝えるWEBデザインの両面を考えて作る必要があります。

ランディングページ(LP)の相場は?

相場にはかなりひらきがありますので、まずは開きの理由から解説します。
LPに限らずWEB制作とかシステム開発って会社によって金額にめちゃくちゃ開きがありますよね?まずLPの相場感に関してですと、5万円~100万円まであります。この開きの意味がわかると、どのくらいの価格帯で発注するのがいいのか見えてくると思います。まず制作に限らずですが労働集約型のビジネスのコストのほとんどは人件費です。となると販売する商品の価格は人件費(原価)に付加価値を足したものがほとんどです。
なので人件費(原価)が高い企業ですと、製作費も高くなります。人件費の高い会社には、優秀な人材が多いので成果物もすごい・・・・かといえばそうではないですね。ただ高いだけのぼったくり会社もあります。
経験上、価格が高い方がクオリティは高いケースは多いですが、安くてクオリティが高かったことは1度もありません。

さて、格安クラスまでいくとほぼフリーランスです。オフィス代などの間接コストがかかってないので自分の実入りのみです。なので安いです。
フリーランスの実力は本気でピンキリです。かならずポートフォリオや制作物を確認しましょう。法人でも会社が潰れたりしてとりっぱぐれるなどリスクはありますが、フリーランスも同じくリスクはあります。過去に2~3回飛ばれたことがありますw

ではこの金額差どう解決するのがいいのかというと、、、正直納得感ですね。値段の高い安いというよりは、内容や実績を加味して価値とバランスがあるかどうか、です。
私も先日人事評価制度の設計を依頼して、数名の方にご提案頂いたのですが、最終的には一番高い人にお願いしました。高いから、安いからという理由はほぼなくて(これ以上は無理って言う予算はありますが)やはり内容と、信頼できるかという部分が決め手でしたね。
誰かの名言ですが、「迷う理由が「値段」なら買え、買う理由が「値段」ならやめておけ」って言葉もあるほどです。
ちょっとこのままだと答えになっていないので完全な主観ですが(でもポジショントークは排除して)比較してみます。

あくまで、相場です。
前提:PC/スマホ対応のランディングページ(LP)、8000pxくらい。デザインとコーディングを頼んだ場合
・フリーランス
10万円~25万円の方が多い。フリーランスのデザイナーでマーケティングまで分かる人は非常に少ないので、デザインのみ依頼する場合はマーケティングの施策は別で考える必要がある。また完成イメージを共有する能力が高くないと意図しないものが出てくる可能性が高いです。逆に言うと今まで僕が見てきたフリーランスの中で、意図までくみ取れる力や質問力がある人はあまりいませんでした。

・WEB制作会社
30万円~50万円
マーケが全く分からない場合があります。分かる会社であれば、いいと思います。その場合の選定基準は実績や、描くマーケの絵の精度と実績ですね。クオリティはデザイナー次第なので、デザインのクオリティを重要視する場合は担当デザイナーの事例を見せてもらうのもありです。

・広告代理店やマーケティング会社
50万円~
デザインの付加価値としてマーケティング力があるのか、マーケティングも出来てデザインもできるのかどちらかは置いておいて、WEB制作会社よりも少し高いです。
ただ、制作会社に比べて在籍しているデザイナーのレベル感は要注意です。特に広告代理店はピンキリで、ゴリゴリの営業会社だったりすると受注する事ががゴールになっているケースもあります。構成が創れるならフリーランスや制作会社、構成もその後のマーケもひっくるめてであればマーケ会社といったところですね。いずれにせよレベル感には気を付けてください。

ターゲットごとにランディングページ(LP)って分けたほうが良いの?

結論から言うと分けたほうが良いです。やはり1つのページで異なるニーズのユーザーを取り込むことは難しいです。ただし分ける時にはちょっとしたコツがあります。分けすぎても管理も面倒ですし、セグメントを切りすぎてアクセスの少ないLPになってしまうと改善の優位性も発揮しません。

分ける基準はざっくりいうと、ニーズが違いすぎるものが優先です。例えばGoogle広告(旧Google Adwords広告)で広告を表示させるとして
「ロレックス」というキーワードと「ロレックス デイトナ」という2つのキーワードで考えてみましょう。
「ロレックス デイトナ」というキーワードだと、ロレックスという時計の、デイトナという型を探しているんだな、というのがなんとなく想像できますよね。
一方で「ロレックス」とだけ打ち込んで検索している人の意図はどうでしょうか?

・ロレックスが欲しいけどまだ何を買うか決めてない
・ロレックスにどんなものがあるのか見たい
・時計を買うならロレックスとは決めてるけど何を買うかはこれから考える
・提案資料の画像を探してる
このように、単一のワードの検索意図は、読み取りづらいです。

つまり、、、
「ロレックス」と検索してHITするLP→ロレックスがなんでも安いよ~!みたいなLP
「ロレックス デイトナ」と検索してHITするLP→デイトナの品ぞろえ日本一!みたいなLP
こうして分けたほうが、効果が高そうではありませんか?

じゃあ何枚もランディングページ(LP)作る必要があって大変だ~~!と思われるかもしれませんが、デザインのトンマナはそのままに、コンテンツもある程度使えるものはそのままにして、一部だけ変えるだけでも効果的ですよ。メインビジュアルを変更するだけでも問題ありません。例えば下記の事例では、お母さんに向けたコピーと、娘さんに向けたコピーで分けたりしてます。

ターゲットによって訴求を変えている例

このように上手に量産すればそんなに費用かさまないですよね。

ランディングページ(LP)のスマートフォン向けってどうすればいいの?

スマホ版は必ず作りましょう。最近ではモバイルからのアクセス数の方が多いなんてことも珍しくありません。それに、PC版にデザインしたランディングページはスマートフォンでは見ずらすぎるのでバシバシ離脱されます。2つの制作方法についてご紹介します。
まず結論から言うと、どちらがいいというのはありません。広告的にもSEO的にも何も影響はありません、どっちでもOKです。ほとんど、デザインのテイストと管理の観点から考えますね。

レスポンシブデザインで制作する

レスポンシブデザインとは、見ているデバイスの幅によってサイズを可変するデザインの事です。このサイトもレスポンシブで作られています。試しにPCであればブラウザの幅を小さくしてみてください、ズズズっとレイアウトが変わりますよね?
レスポンシブで作るメリットとしては、制作するときのソースコードが1つで済むので、大量にLPを量産したい時、更新回数が多くなりそうなときなんかは、レスポンシブで作っておいた方が後々楽です。1つのソースを更新すればいいだけなので。
ただしデメリットとしては、可変の事を考えて創るので、レイアウトに制限があります。レイアウトに制限なく創る事も技術的には可能ですが、めちゃめちゃなレイアウトをすればするほどレスポンシブにする難度は格段に上がりますので制作のコスパがあまりよくありません。上図のような整列されたレイアウトに向いています

オリジナルデザインで制作する

PCとスマートフォンで完全に別々にコーディングする場合です。レイアウトの自由度が高いので、上図のようなランディングページ(LP)を創る時は別々にコーディングする場合が多いです。こういった場合は、「スマートフォンでアクセスしてきたらこっちを表示する」みたいなスクリプトを書き込み、分岐させます。

コードがPC版とスマートフォン版で2つになるので、例えばランディングページ(LP)のキャンペーンの打ち出しを変えたい!となった場合はデザインもコードも2つ更新する必要があります。運用しているLPが1つや2つであれば全然余裕ですが、増えてくると抜け漏れが発生したり、管理工数が上がってしまうのが難点ですね。

ランディングページ(LP)ってSEO対策は出来るの?

結論から言うとできません。SEOでは、ユーザーのニーズに応えられる幅広い情報を揃えて、検索結果の上位に表示させることで、ページへの流入の増加、最終的なコンバージョンを狙います。そのため、ニーズに応えられるだけの情報量や、リンク設定が必要です。しかし、ランディングページ(LP)はひとつの商材をそのページ内でのコンバージョン(CV)を目指します。余分なリンクや、あまりに多いテキストは離脱の原因となってしまいます。結果どうしても、情報を伝えるコンテンツ量や、ページ数、ユーザーの滞在する時間など、検索上位に表示させる要件が不足しがちです。ただし、LPがちょっと規模のあるサイトのディレクトリ配下(下層ページ)にあって、テキストが多めなら上位表示する事もあります。

ランディングページ(LP)の効果を高めるには?

作って終わりではなく、改善することで高めることができます。
ただし、ランディングページ(LP)の成果については、配信している広告によっても大きく左右されます。結果が出なかった場合、闇雲にランディングページ(LP)の改善に手をつけるのではなく、広告のキーワードやターゲットは、ランディングページ(LP)とマッチしているのかについても確認しましょう。また、ランディングページでは画像や動的なコンテンツを置くために容量が大きくなりがちです。ページの表示スピードもチェックしましょう。

ランディングページそのものの改善(LPO)では、Googleアナリティクスを使えば誰でも手軽に数値の計測、分析ができます。ここで直帰率をみてしまいがちになりますが、ランディングページはもともと離脱されることの多いページのため、Googleタグマネージャとあわせて使うことで、滞在時間や、スクロール率について数値の取得をしていくことがおすすめです。ただし、単体で取得した数値そのものよりも、コンバージョンしているユーザーとしていないユーザーの差などを見ていくことも重要です。

改善するためのツールとして、ヒートマップもあります。ユーザーがどこをクリックしているのかなどの動きが読み取れます。しかし、ヒートマップでもトラフィック全体で見るのではなく、流入キーワードの差など、違いに目を向けることが重要です。

ランディングページ(LP)とは?まとめ

・ランディングページ(LP)とは、大きく2つの意味があり、広義では、最初に着地するページのこと。ただし、WEBマーケティング業界では、1枚の縦長の広告用のページを指す。

・ランディングページ(LP)の特徴は、縦長の1ページで、余分なリンクをつけずに、ユーザーに一直線にコンバージョンしてもらうことを目的にしている。

・集客の仕方は、Google・Yahoo!のリスティング広告やバナー広告、FacebookなどのSNS広告、メルマガなど。

・構成はユーザーの求める情報を上から順番に配置する。

・使う素材写真は、なるべくオリジナルのものがおすすめ。

・デザインでは、ユーザーが欲しい情報がすぐに目に入ることを意識する。

・ランディングページ制作相場は幅広いが、不足したリソースでも特にノウハウをもつ制作会社に依頼するのが成功への近道。

・ターゲットごとでランディングページ(LP)を分けるほうがベスト。

・スマートフォン向けの作成は必須。レスポンシブとそれぞれ分けてオリジナルデザインを制作する2種類がある。

・ランディングページ(LP)でSEO対策をするのは難しい。

・ランディングページ公開後も、継続的に改善すること(LPO)で効果を高めることができる。
ランディングページ(LP)についてなるべく詳しく解説してみました。もし、他にもあれは?これは??など気になる事がありましたら是非ご質問ください。
また!ランディングページ制作、任せてみようかな~~と思ったら!まずは一旦当社にお問い合わせください!笑

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事