【LP改善コラム】コンテンツを考える際に意識すべきポイント

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

コンテンツ制作では何を意識するか?

webマーケティングへの関心が高まり、コンテンツ作りに悩んでいる方も多いかと思います。
今回はコンテンツを作る時に意識すべきポイントをご説明します。

コンテンツはユーザーへ届けて学びや気づきを与えたり、それによって行動を喚起するための内容が必要です。
そこで、「何を書くか」の前に「何を欲しているか」を考えます。
下図のように、ユーザーの知識レベル(リテラシー)によって次に欲しい情報は異なります。

例えば「マックっていいよ」と聞いた場合、
ハンバーガーのことかPCのことかが次に欲しい情報です。
図中の好奇心に該当するタイミングではこのように大枠で何の話かを伝えるべきになります。

「あー、PCのMacね」と認識できた後に「なぜ良いのか」を気にします。(興味関心の段階)
ここでは大まかに「何がいいのか」「どんな人向けなのか」が必要です。

その後、PC買い替えを検討している(買うかどうかは決めていない)人は、具体的に「何ができるか」「何に対応しているか」「特徴が自分に合うか」を判断するために情報を欲します。

そしてPC購入を決めている人は、最終的に詳細スペックを確認・比較して購入に至るという流れです。

ちなみに、この記事は
「コンテンツ制作で何から始めればいいかわからない」、「コンテンツを作ることになったけどどうしよう」
という方へ向けて、「コンテンツ制作で最初に考えるべきこと」、「テーマ選定の基準で持っておくべき指標」としての情報を意図しています。

このように、コンテンツの内容が求められている情報と合致しているかを確認して効果を最大化できるようにしましょう!

~LPのプロに相談!! 無料相談のご案内~

free web hopeでは無料相談を実施しております。

すでに公開中のLPや現在制作中のLPを共有いただき、弊社コンサルタントがチェックします。
URLとターゲットを事前にお聞きし、コラムでお伝えしているような観点で、【ターゲットの方が見てわかるか】【他社の事例】をもとに改善のためのアイデアをご提案します。
是非お申し込みくださいませ!

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事