Google広告で出来ることサマリー!

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

インターネット広告の王道といえばGoogle、Yahoo!などの検索連動型広告(またはディスプレイネットワーク広告)と、Facebook,Twitter,InstagramなどのSNS広告にわかれます。
この記事では王道中の王道であるGoogle広告 (旧名称:Google AdWords)でどんなことが出来るのか?あえて箇条書きでわかりやすくサマリーを作ってみました 。
Yahoo!プロモーション広告はこちらをご覧ください。
それではいってみましょー!

1.  Google広告とは?

Google広告とは、Google検索の検索結果一覧ページやGoogle広告の配信を許可している膨大な数のWEBサイト上に広告を出稿することができるサービスです。様々なチューニングをすることで、あなたの商品やサービスに興味がある人に対して広告を表示させることが可能です。予算や広告配信のタイミングも広告主側で自由に設定することことができ、気軽に始められるオンライン広告出稿サービスです。

まとめると・・・Google広告は御社のサービスに対して、ユーザーを呼び込むための「オンライン集客ツール」です。ユーザーをサイトやランディングページに呼んでくるための看板の役割を果たします。

2.  Google広告の課金方式

Google広告では、広告が表示されたタイミングで費用が発生することはありません。基本的には、広告がクリックされた段階で初めて費用が発生いたします。つまり、広告がクリックされない限り、費用はかかりません。

クリックにかかる費用は入札で決定されていて、広告を表示させたいキーワードごとに単価が変わります。入札制なので、競合が多く人気のキーワードの価格は高騰します。先にGoogle広告のアカウントに任意の金額を入金し、クリックが発生するとそこから引かれていくデポジット方式です。

3.  Google広告のアカウント登録方法

Google広告のアカウントを開設するためには、あらかじめ下記2点の用意が必要です。
・Gmailアドレス(※)
・広告で宣伝したいウェブサイトURL
(※)Gmailアカウントの設定で他のメールアドレスを追加している場合は、独自ドメインのアドレスでも作成可能です。

4.  Google広告でできること23連発!

1.広告の1日の予算を自由に設定することができます。
2.広告の配信目的(=入札戦略)を自由に選ぶことができます。
(目標とする獲得単価の設定、獲得件数の最大化、広告のクリック数の最大化、商品の認知の拡大などなど)
3.広告を表示させたい検索キーワードを自由に設定することができます。
4.反対に、広告を表示させたくない検索語句を除外キーワードに設定することもできます。
5.キーワード別に入札単価を1円単位で調整することができます。
(※選択した広告の入札戦略によっては入札単価を個別で調整できないものもございます。)
6.広告を配信させる時間・曜日など、自由に配信スケジュールを設定することができます。
7.広告を配信させたい地域を市区単位から調節することができます。
8.広告を配信させる大枠のユーザー属性(年齢、性別、子供の有無、世帯年収)をある程度調整することができます。
9.ユーザー属性の他にオーディエンスという機能を活用すれば、特定のオーディエンス(ユーザー属性)のみに広告の配信/除外を設定することも可能です。

10.一度サイトへ訪れたことがある人に対して広告を追跡配信することができます。
(※必ずサイトへタグを設置する必要があります。)
11.スマートフォンやPCなどのデバイスごとに入札単価の比率を調節することができます。12.Google広告のデータをAnalyticsと連携させることができます。
13.Gmailに広告を配信することができます。
14.Youtubeで動画広告を配信することができます。
15.商品リスト広告を配信することができます。
16.検索のリマ―ケティング広告を設定することができます。
17.広告の配信目的にあわせて、配信を自動調整することができます。
18.広告文章のABテストを回すことができます。
19.リアルタイムで広告が配信されているのかどうかを、広告アカウント上のツールからチェックすることができます。
20.広告アカウント上のツールを活用して、新しいキーワード候補を探すことができます。
21.広告アカウント上のツールを活用して、キーワードの検索ボリュームやパフォーマンスの予測データを確認することができます。
22.複数の広告見出しと説明文を入力するだけで、それらが自動的に組み合わされた広告を作成し、反応のいい広告を検証することができます。
23.自動化ルールを作成すれば、特定の条件下を満たした場合に広告画面を触らなくても自動で広告の配信調整がかかるように設定することができます。
(例:過去7日間のクリック数が1を下回る場合、該当するキーワードの配信設定を一時停止にする等)

はい!
大体こんな感じの事が出来ます。Google広告は日々進化し続けていますが、ここに列挙したものはあまり進化の影響を受けない機能がほとんどです。取り合えず上記を押さえておけば、Google広告でどんなことが出来るのかは大体OKです笑
Yahoo!プロモーション広告はこちらをチェックしてみてください。

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事