リスティング広告だけでは
獲得が厳しい時代に

ユーザーの画像ユーザー
lpの画像WEBサイト(またはランディングページ)
当然ですが、わたし達はいつも様々なデバイスで様々なWEBサイトを見ています。リスティング広告やSNS広告一本槍ではあなたのコンテンツを届ける幅は限定的になってしまい、またGoogle検索やFacebookなど人気メジャー媒体のみでの広告活動はライバルとの入札合戦に巻き込まれCPAが高騰しているケースの方がほとんどです。
もちろん獲得できていて最終的なコストが合っていればいいのですが…
今の時代、あらゆる媒体やリーチ先を検討しないと1つのチャネルだけでの集客が難しくなってきています。
リスティング広告はもちろん、

提携メディアやインフルエンサーのアサイン
名刺リストからIPターゲティングでも何でも
あなたの求めているターゲット
リーチします
インプレッション数(広告表示回数)・広告クリック数(広告文やバナーのクリエイティブが影響)・滞在時間(LPのクオリティが影響)・フォームページ遷移数(オファーが影響)・コンバージョン(問い合わせや資料請求など インプレッション数(広告表示回数)・広告クリック数(広告文やバナーのクリエイティブが影響)・滞在時間(LPのクオリティが影響)・フォームページ遷移数(オファーが影響)・コンバージョン(問い合わせや資料請求など インプレッション数(広告表示回数)・広告クリック数(広告文やバナーのクリエイティブが影響)・滞在時間(LPのクオリティが影響)・フォームページ遷移数(オファーが影響)・コンバージョン(問い合わせや資料請求など
インターネット広告の配信でまず重要なポイントは
「より多くの見込み客に低単価で届けられること」です。
インプレッション数(広告表示数)が少ないと
必然的にコンバージョン(成約/成果)の数が少なくなってしまうからです。

元々ランディングページから
始まった会社だからこそ
ターゲットの
インサイト(購買意欲の核心)に強い

わたし達はもともとランディングページ制作の専門であり、ユーザーの心理やランディングページの分析を得意としています。リスティング広告の数値のみを追いかける広告運用会社とはこの点が大きく違います。
もちろん広告運用のみをご依頼されるお客様も多くいらっしゃいますが、いざとなればいつでもランディングページの改善や、定期的なリスティング以外の広告のご提案が出来ることは、常に新しい施策や媒体を試しライバルのいない場所で戦いたい広告主様に喜ばれています。
あなたの商品を届けたい人を教えてください。
驚くようなリーチ先をご提案します。
TOPに戻る TOPに戻る