SEOとSEMの違いは何か?図解にすると簡単にわかる

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

WEBサイトを運営していると「SEO」という言葉を聞いたことがあると思います。、ある程度の意味も知っているのではないでしょうか?一般的にSEOに比べて、SEMを理解している方は意外と少ないのが現状です。 SEMとは、「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング )」の略語です。 ちなみにSEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」を略しています。

本記事では、SEOとSEMの違いについて図解で整理した上で、SEMの詳細や関連する広告について解説していきます。

SEMの定義

SEMとは「検索エンジンから、あるWEBサイトやランディングページに対して、訪問者を増やすためのマーケティング手法>」のことです。 これをSEOだと捉えられがちですが、実際図にすると下記の図ようになります。

SEMとSEOの違い

ある特定のサイトに対して、検索エンジンからの訪問者を増やすマーケティング手法の総称を「SEM」と呼び、その手法として「SEO」と「リスティング広告」が活用されています。


更に、特定のサイトに集客した後、どこに訪問者を繋げたいのか、または、訪問者にどのようなアクションをして欲しいのかを考えて行うトータルマーケティングを総称して「WEBマーケティング」と呼びます。 つまり、「WEBマーケティング」の一部に「SEM」があり、「SEM」の主なものとして「SEO」と「リスティング広告」があるということです。

それでは、SEMを構成するSEOとリスティング広告についてもう少し見ていきます。

SEOとは?

SEO対策と呼ばれることも多いです。

SEOとは?
サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に自らのWebサイトが表示されるように工夫すること。 また、そのための技術やサービス。SEOとは:IT用語辞典

GoogleやYahooなどの検索エンジンでは、WEBサイトの表示順について、ユーザーの役に立つと考えられる順に表示をしています。そのため、ユーザーによりよい情報を提供できる、サービスサイトを設計したり、記事を掲載したりするなど様々な手法で対策をしていきます。SEO対策は、大きくわけて2つに分類でき、内部施策と外部施策があります。

内部対策
サイト内部のリンクなど導線を整えたり、GoogleやYahooに読み取ってもらいやすいコードにしたり、レイアウトを調整するなどして、サイト内部を強化する施策です。

外部施策
WEBサイトの外側で行う、被リンクの獲得と質の向上の施策です。自分のサイトに外部のサイトからリンクを得ることで、評価があがりやすくなります。ただし、ただ数を集めるのではなく、リンク元のサイトの質も重要です。随時確認しましょう。

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、検索結果に表示される有料の広告枠のことです。リスティング広告の意味は、もう一度こちらでおさらいしましょう。

集客に必須なのはリスティング広告?PPC広告?意味と違いのまとめ

画像の赤枠部分が有料広告の表示枠です。
(上がGoogle、下がYahoo!)

Google検索_布団-通販
Yahoo検索_布団-通販

あるキーワードで検索をした場合に、必ず検索結果画面に表示させたいのであれば、この広告枠を購入します。 検索結果に対し、1クリックごとに支払いが発生するCPC(Cost Per Click)という課金方法で掲載できる広告です。 ちなみに、掲載順位が高いほど1クリックあたりの単価は高くなる傾向にあります。実際の課金金額は、1クリックあたりに対し払える金額と広告の品質(広告のクリック率等)を考慮し決定されています。

リスティング広告の種類

・検索連動広告

検索連動広告とは、上記画像でも説明している通り、主にGoogleとYahoo!での検索結果に対して、広告の表示領域に表示される広告のことです。

SEOリスティング広告施策実行する場合の違い

1.費用
基本的には、リスティング広告には費用がかかる一方で、SEOは無料です。

リスティング広告は先に説明したとおり、1クリックに対して支払いが発生します。また、リスティング広告の枠内での順位は1クリックあたりの課金の金額の高さに寄って決まります。予算をどれだけかけられるかによっても得られる成果は異なるのです。対して、SEOは基本的に無料です。自分で対策をすすめていく上では特に費用はかかりません。ただし、ノウハウをもつ会社にSEOのコンサルティングを依頼したり、WEBサイトの制作や改修で制作会社に依頼したり、記事作成をライターに依頼すればその費用はかかります。

2.結果の得られるタイミング
リスティング広告は即時で結果がわかるのに対して、SEOは結果が分かるまで時間がかかることが多いです。

リスティング広告は、広告を入稿したタイミングから、結果が分かります。日単位で、いくら課金しているのかそれに対してのCV数はどれくらいかと見ることができるので、うまくいったか、そうでないかはさておき、結果はすぐに確認でき、改善に対してもスピーディーに進められる施策です。一方で、SEOは、長期的な視点で実行していく施策です。ページを更新したり、新たなページを作成しても、検索結果に反映されるまでに時間がかかってしまいます。また、検索エンジンのアルゴリズムには様々な要件があるので、少しのページの追加や更新で、いきなり上位に表示するということはなかなかありません。長期的に継続して対策を行い、変更した箇所についての成果を確認しながら、全体としての成果を見ていく必要があります。

3.コントロール性
リスティング広告では、投下する費用で表示させる順位をコントロールできますが、SEOでは、コントロールすることは非常に難しいです。

リスティング広告では、どのキーワードで広告を配信するか、課金額をいくらにするかを配信側で設定できるので、ある程度コントロールしやすくなります。上位に表示させるためには、課金額を増やすことで対策ができます。一方でSEOは、検索エンジンのアルゴリズムによって表示順位が決まるため、あくまで、検索順位が上がりそうな施策という観点でしかできません。また、アルゴリズムは変動することがあり、ずっと上位表示されていたページがいきなり下がってしまうということもあります。Googleなどのアップデート情報に常にアンテナを張り、施策をやっていく必要があります。

リスティング広告とSEOどちらがいい?

結論としてはどちらも実施できることが理想です。
ですが、手間も時間も予算も限りあるなかで優先順位は必要です。

リスティング広告とSEOのどちらを優先させるかは、会社の状況や方針にもよります。
予算がある程度準備できて、すぐに成果を出したいのであればリスティング広告なのですが、必ずしも予算と投下したからといって成果が上がるわけではないのが難しいところです。ユーザーのニーズにあったキーワードや広告文になっているか、リスティング広告の先のページは、キーワードとマッチしているか、そもそも顧客を獲得しやすいページになっているかという視点が必要になります。

SEOでは、コンテンツマーケティングと言われる分野を実施していくことになりますが、優良なコンテンツで構成したWEBサイトは会社の資産となります。もちろん、上位に表示させ続けることができればですが、予算をかけずに継続して、WEBからの顧客が獲得できるようになります。ただし、時間がある程度かかることは想定して実施していく必要があります。

また、リスティング広告とSEOでは、着地させるページが変わってきます。リスティング広告で配信するのであれば、1ページでフォームやカードにしかリンクのないランディングページを使うことがおすすめです。せっかく課金して流入を獲得するのに、離脱のポイントを増やしたくないためです。もちろんランディングページそのものにも最適化が必要になります。
SEOを実施していく場合は、複数の階層やページをもつサイトがおすすめです。そもそも、1ページのランディングページでは、SEOの上位に表示させることは難しいです。ユーザーに役立つコンテンツをたくさん準備して、見てもらいやすいように導線を整えたWEBサイトを準備しましょう。

SEMとSEOの違いまとめ

本記事でご説明したとおり、SEMとはSEOやリスティング広告を含めた、WEB上での集客施策を最適化することです。リスティング広告とSEOそれぞれにメリットやデメリットがあるため、それぞれの特性を理解した上で、必要な施策を実行していきましょう。短期的に結果を出す施策が実施したい場合はリスティング広告、長期的に実施できる場合は、SEOがおすすめです。
とはいえ、どちらかだけをやっていてもどうしても成果が出ない時期なども出てきます。リソースや、業界によっての特性、社内の方針や状況を見ながら、どちらも取り組んでいけると理想的です。

ランディングページの集客

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事