データ分析

【丸わかり】UA とGA4 の 違いは?違いから新しい機能まで解説!

    2020年にリリースされた解析ツールGA4(Googleアナリティクス4)は、2023年7月1日から旧バージョンであるUA(ユニバーサルアナリティクス)の計測サービスが終了し、2024年1月1日からは使用できなくなる予定です。この変更により、GA4の使用が必要不可欠となりました。新たな分析方法、設定、表示方法の変更により、一部のユーザーから「操作方法が理解しにくい」との意見が寄せられています。これに対応するため、弊社の経験豊かなプロフェッショナルが、UAとGA4の違いを分かりやすく解説します。

    UAとGA4の違い

    Google Analytics(UA:ユニバーサルアナリティクス)とGA4(Googleアナリティクス4)の基本的な違いを理解しましょう。

    Google Analytics (UA:ユニバーサルアナリティクス)とは

    Google Analytics (UA:ユニバーサルアナリティクス)は、GA4の前バージョンで、2020年のGA4リリースまで主要な分析ツールでした。UAはほぼ全ての機能を無料で提供していましたが、2023年7月1日に計測サービスが終了しました。UAはセッションベースでの分析を主要な方法としていました。

    GA4(Google Analytics 4)とは

    GA4(Google Analytics 4)は、2020年に導入された新バージョンで、UA(ユニバーサルアナリティクス)に取って代わる主要な分析ツールです。GA4ではユーザー中心のアプローチが採用され、UAとは異なる分析方法を提供します。

    UAからGA4への変更点

    データ収集モデル

    • UA:セッションとページビュー中心
    • GA4:イベントとユーザー中心

    UA(ユニバーサルアナリティクス)では、セッションごとにデータを計測していました。その結果、1人のユーザーが異なるデバイス(例えば、スマートフォンとPC)からアクセスした場合、2つのセッションとしてカウントされていました。一方、GA4(Googleアナリティクス4)ではユーザーごとにデータを計測するため、異なるデバイスからのアクセスでも、ユーザー数は1としてカウントされます。これは、現代のユーザーが多様なデバイスを使用する習慣に対応した重要な変更です。

    また、UAではデータが「ページビュー(PV)」「イベント」「Eコマース」といったカテゴリーに細分化されていましたが、GA4ではこれらすべてのデータが「イベント」として統合されました。UAではイベント計測のためにユーザーがタグを設定する必要がありましたが、GA4では以下のイベント計測が自動的に行われるため、より簡単に利用できるようになりました:

    • スクロール数
    • 離脱クリック
    • サイト内検索
    • 動画エンゲージメント

    Google Tag Manager(GTM)を併用することで、GA4では様々なイベントの追加が容易になります。

    GA4とGTM の詳しい記事はこちら:【初心者向け】GTM×GA4 とは?設定からメリットまで詳しく解説 (2024年2月9日更新)

    レポートのカスタマイズ

    • UA:幅広いカスタムレポート機能
    • GA4:2つだけに分類されている

    UA(ユニバーサルアナリティクス)では、100種類以上の豊富なカスタムレポート機能がありましたが、選択肢の多さが理解を難しくしていました。一方、GA4(Googleアナリティクス4)ではレポート機能が2つのカテゴリーに絞られ、一つは全体的なデータの集計用、もう一つは特定の指標に焦点を当てた詳細な分析用レポートです。

    データの保管期間

    • UA:最大50ヶ月
    • GA4:最大14ヶ月


    UA(ユニバーサルアナリティクス)では、データの保管期間は最大50ヶ月でした。しかし、GA4(Googleアナリティクス4)ではこの期間が最大14ヶ月に短縮されているので注意してください。

    BigQueryの活用方法

    • UA:Googleアナリティクス360(GAの有料版)のみ
    • GA4:無料で連携可能

    UA(ユニバーサルアナリティクス)では、BigQueryの利用はGoogleアナリティクス360(GAの有料版)に限定されており、有料での利用が必要でした。BigQueryは、Google Cloudが提供する大規模なクエリ実行機能です。GA4(Googleアナリティクス4)では、この機能が無料で利用できるようになり、より多くのデータを得ることが可能になりました。

    CVのカウント方法

    • UA:1回の訪問で複数回CV達成しても1のまま
    • GA4:1回の訪問で複数回CVしたら、その分カウントされる

    UA(ユニバーサルアナリティクス)では、自己設定したコンバージョン(目標達成)が1回の訪問中に複数回達成されても、カウントは1とされていました。対照的に、GA4(Googleアナリティクス4)では達成された回数ごとにカウントされるように変更されました。


    弊社のGA4を用いてのCV向上に関するサポートの実績はこちら:GA4(Google Analytics4)移行で見えるようになったCVに繋がる顧客の導線とは? (ご支援先:株式会社FPパートナー 様)

    探索機能の紹介

    GA4(Googleアナリティクス4)には、新たな探索機能が追加され、分析のアプローチが拡張されました。この機能は初期状態では設定されておらず、分析軸(ディメンション)や指標(メトリクス)をユーザー自身がカスタマイズする必要があります。最初に使う場合は、用意されているテンプレートを利用すると良いでしょう。

    最初は、テンプレートとして用意されているオプションを利用するのが良いでしょう。

    探索機能のテンプレート:

    • 白紙
    • 自由形式
    • 目標達成プロセスデータ探索
    • 経路データ探索
    • セグメントの重複
    • コホートデータ探索
    • ユーザーのライフタイム

    ※レポートと探索の違い

    レポート:基本的なデータ

    探索:レポートより詳細なデータ


    レポートでは基本的なデータを提供しますが、探索機能を使うと、より詳細なデータ分析が可能になります。


    GA4にあたら新しく追加された機能

    GA4で新たに追加された機能:

    • エンゲージメントメトリクス:「エンゲージメントセッション」や「エンゲージメント率」などの新しいメトリクスを導入。
    • AIによる予測分析:機械学習を活用した購入確率や収益予測などの予測分析機能。
    • デバッグビュー:リアルタイムでイベントデータを確認可能な機能。
    • データストリーム:ウェブサイト、iOSアプリ、Androidアプリごとのデータストリーム設定。
    • プライバシーとデータの削除:GDPRやCCPA対応を含むユーザーデータの削除や保持期間の設定。

    GA4の設定方法

    UA(ユニバーサルアナリティクス)からGA4(Googleアナリティクス4)への切り替えに際し、新たなGA4設定が必要です。

    詳しい手順については、以下の記事をご参照ください。

    GA4の設定に関する詳しい記事:GA4(Googleアナリティクス 4)とは?導入方法も詳しく紹介 (2024年2月9日更新))

    最新の情報はこちらから:[UA→GA4] 移行ガイド: 初心者向け

      

    まとめ

    UA(ユニバーサルアナリティクス)からGA4(Googleアナリティクス4)への変更について、詳しく解説しました。この情報が今後のお役に立つことを願っています。


    Free Web Hopeでは、GA4の設定からランディングページの戦略まで、デジタルマーケティングに関する幅広い支援を提供しています。さらなる支援が必要な場合は、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。

    Article

    関連記事

    お問い合わせはこちら

    Contact

    成果の出せるLPが欲しい、ABテストや広告運用、引き上げ施策、などのご相談はこちらから!

    お困りのこと

    複数選択可

    ビジネスモデル

    広告費について

    ご入力いただきましたメールアドレス宛てに自動配信メールが届いておりますのでご確認下さいませ。
    2~3営業日内に、担当よりメールにてご連絡を差し上げます。しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。

    Step
    0103