データ分析

【重要】 GA4のエンゲージメントとは?設定方法や活用方法まで解説!

    2020年にリリースされた解析ツールGA4は、2023年7月1日から旧バージョンUAの計測サービスが終了し、GA4の使用が必須になりました。その中でもGA4で新しくリリースされたエンゲージメントに対して「何をすればよいかわからない」「UAと何が違うのか」という意見が多く寄せられています。多くのサポートを行ってきた弊社のプロが、GA4のエンゲージメントについてポイントを押さえて紹介します。

    『エンゲージメント』とは

    GA4でのエンゲージメントの定義はGoogleによると「サイトやアプリに対するユーザーの操作です。」とある。つまり、ユーザーがそのサイトに対してどれくらい滞在していたのか、興味を持ったのかということをデータとして表してくれるのが、GA4でのエンゲージメントです。

    GA4の詳細はこちら:GA4(Googleアナリティクス 4)とは?導入方法も詳しく紹介

    これは、今までのUAがセッションを軸として計測していたのに対して、GA4ではユーザーを軸にして計測するようになったことが影響しています。

    実際にGA4のレポートで表示されるエンゲージメントの指標について解説をします。

    エンゲージメントの指標

    • エンゲージのあったセッション
    • エンゲージメント率
    • エンゲージのあったセッション率(ユーザーあたり)
    • 平均エンゲージメント時間

    エンゲージメントのあったセッション

     エンゲージメントのあったセッションはGoogleでは以下のように定義されています。

    • 10 秒以上継続した
    • 1 件以上のコンバージョン イベントがあった
    • ページビューが 2 回以上あった

    とあり、今までUAでは計測することが難しかったことが可能となりました。

    エンゲージメント率

    エンゲージメント率とは、エンゲージのあったセッションを全セッション数で割ることで計算されます。

    この比率により、全セッションの中で有効なセッションの割合が明らかになります。

    ユーザーあたりのエンゲージのあったセッション率

    ユーザーあたりのエンゲージのあったセッション率とは、1人のユーザーがどれだけエンゲージのあったセッションを行ったかを示します。

    平均エンゲージメント時間

    平均エンゲージメント時間とは、「ユーザーが実際にサイトを閲覧していた時間」を指し、サイトが裏タブで開いている場合ではなく、実際に閲覧されている時間を示します。


    UAとの違い

    エンゲージメント指標の定義に関して、UA(Universal Analytics)では、主に「セッション時間」と「直帰率」に基づいてエンゲージメントが測定されていました。セッション時間は、ユーザーがサイトにどの程度の時間を費やしているかを示し、バウンス率は単一ページビューのセッションでユーザーがサイトを離れる割合を示します。一方、GA4(Google Analytics 4)では、「エンゲージメント時間」、「エンゲージメントセッション」、「エンゲージメント率」という新しい指標が導入されています。これにより、ユーザーがアクティブにサイトやアプリとどのように対話しているかがより正確に把握されます。

    計測方法の違い:

    UAでは、セッション時間はページビュー間の時間を計測することで算出されていましたが、最後のページビュー後の時間は含まれませんでした。しかし、GA4では、ページビューだけでなくスクロール、クリック、ファイルのダウンロードなどのインタラクティブなイベントもエンゲージメント時間に含まれ、ユーザーの行動がより包括的に把握されます。

    エンゲージメントセッションの基準:

    UAでは、全てのセッションが等しく扱われ、バウンスセッションも他のセッションと同様に計測されていました。GA4では、エンゲージメントセッションはユーザーがサイトやアプリで最低10秒間活動しているか、1つ以上のコンバージョンイベントを発生させているか、または2つ以上のページビューやスクリーンビューを持つセッションとして定義されています。

    ユーザー中心の計測:

    UAはセッションベースでのデータ計測を主に行っていましたが、GA4はよりユーザー中心のアプローチを採用し、ユーザーの行動を全体的に分析するよう設計されています。

    これらの違いにより、GA4はユーザーのエンゲージメントをより正確に把握し、分析する強力なツールとなっています。ユーザーの行動を深く理解することで、マーケティング戦略の最適化やユーザーエクスペリエンス(UX)の改善に役立てることが可能です。

    GA4とUAに関する詳細な記事はこちら:【丸わかり】UA とGA4 の 違いは?違いから新しい機能まで解説!



    エンゲージメント率の確認方法

    ここでは、エンゲージメント率の確認方法について解説していきます。

    ・Google Analytics 4にログイン→対象のプロパティを選択

    ・レポート→ライフサイクル→エンゲージメント→ランディングページを選択

    ・レポートをカスタマイズをクリック

    ・レポートをカスタマイズ→指標をクリック


    ・指標を追加を選択→エンゲージメント率または直帰率を検索し、選択

    ・適用をクリック


    エンゲージメントの活用方法

    Google Analytics 4(GA4)の「エンゲージメント」指標は、ユーザーのウェブサイトやアプリでの行動を深く理解する上で有効です。以下にGA4のエンゲージメント指標を活用する方法を紹介します:

    ユーザーエンゲージメントの分析:

    • セッション毎の平均エンゲージメント時間を分析し、ユーザーがサイトで過ごす時間を把握します。
    • エンゲージメント率が高いページやセクションを特定し、その要因を分析します。

    コンテンツの最適化:

    • エンゲージメントが高いコンテンツを特定し、同様のコンテンツの作成や改善を行います。
    • エンゲージメントが低いコンテンツを分析し、その理由を理解して最適化します。

    ターゲットオーディエンスの特定:

    • エンゲージメントが高いユーザーグループを特定し、マーケティング活動で重点を置きます。
    • ユーザーセグメントを作成し、異なるグループ間のエンゲージメントの違いを分析します。

    キャンペーンパフォーマンスの評価:

    • マーケティングキャンペーンの成果をエンゲージメント指標を用いて評価します。
    • 異なるキャンペーンやチャネル間でエンゲージメントを比較し、有効な戦略を特定します。

    ユーザー体験の向上:

    • エンゲージメントが低いページや機能に注目し、ユーザー体験の障害となる要素を特定して改善します。
    • サイトのナビゲーションやデザインを変更し、エンゲージメント向上のためのテストを実施します。

    離脱率の低減:

    • エンゲージメントが高いが離脱率も高いページを特定し、離脱の原因を分析します。
    • エンゲージメントを高めつつ離脱率を低下させる戦略を実施します。

    これらの方法を通じて、GA4のエンゲージメント指標はウェブサイトやアプリのパフォーマンスを最適化し、効果的なマーケティング戦略を策定するのに役立ちます。エンゲージメントデータを定期的に分析し、それに基づいた行動を取ることが重要です。

    まとめ

    今回は、GA4のエンゲージメントについて解説しました。GA4を駆使することで、さらなるマーケティングの強化のお力添えができればと思います。

    Free Web Hopeでは、GA4の設定からランディングページの戦略まで、デジタルマーケティングに関する幅広い支援を提供しています。さらなる支援が必要な場合は、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。


    Article

    関連記事

    お問い合わせはこちら

    Contact

    成果の出せるLPが欲しい、ABテストや広告運用、引き上げ施策、などのご相談はこちらから!

    お困りのこと

    複数選択可

    ビジネスモデル

    広告費について

    ご入力いただきましたメールアドレス宛てに自動配信メールが届いておりますのでご確認下さいませ。
    2~3営業日内に、担当よりメールにてご連絡を差し上げます。しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。

    Step
    0103