Googleタグマネージャーで”真の滞在時間”を計測する方法

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

WEB解析では、ユーザーのページ内の動きを分析し、それをもとに改善活動を行っていきます。その「サイト内でのユーザーの動き」を表す指標の1つが「滞在時間」です。

・ユーザーが何秒間サイトに滞在していたのか?
・何秒でサイトから離脱したのか?

滞在時間が分かれば、きっと改善活動もスムーズに進むのではないでしょうか?
今回は、Googleタグマネージャーを使用して、”真の滞在時間”を計測する方法をご紹介していきます。

『平均ページ滞在時間』で滞在時間が分かるのでは?

滞在時間を計測したいなら、Googleアナリティクスの『平均ページ滞在時間』の指標でも分かるのでは?と思われるかもしれません。
しかし、Googleアナリティクスの『平均ページ滞在時間』は、ユーザーが訪問した最後のページの滞在時間が”0秒”と計測されます。

例えばユーザーが、
①Aページ 滞在時間10分  
    ⇓
②Bページ 滞在時間10分
    ⇓
③Cぺージ 滞在時間10分
    ⇓
④Cページから遷移せず離脱

という場合、Cページの滞在時間は”0秒”と計測されてしまいます。
もし仮に、すべてのユーザーがCページで離脱していた場合、Googleアナリティクスの『平均ページ滞在時間』の指標は”0秒”となり、これでは正しく計測できていないと言えます。

Googleタグマネージャーで滞在時間を計測するメリット

それでは、Googleタグマネージャーで滞在時間を計測するメリットを、使用例をふまえて紹介していきます。

・メリット

Googleアナリティクスでは、すべてのユーザーの滞在時間が計測できるわけではありません。しかし、Googleタグマネージャーのタイマータグを使用し、滞在時間を計測することによって、すべてのユーザーの滞在時間を知ることができます。

また、〇秒まで滞在したユーザーが何名か?ということが計測できるので改善の指標に役立ちます。

他にもサイト内のユーザーの行動を計測する方法として、「スクロール率」を計測する方法もあります。

Googleタグマネージャーでスクロール率を計測する方法はこちら!

・使用例

例えば、ランディングページ全体の訪問数から、1秒間滞在していたユーザー数をひくと、1秒以内で離脱したユーザー数がわかります。
1秒以内で離脱するということは、ファーストビューに何か問題があるのでは?といった様な仮説が立てられます。

このように、Googleタグマネージャーのタイマータグを使用して、滞在時間を計測することは、改善活動の仮説立てに役立てることができます。

設定方法を紹介

それでは、Googleタグマネージャーでのタイマー設定の方法をご紹介していきます。

step1.Googleタグマネージャーのワークスペースから、変数を選択し、ユーザー定義変数の新規作成ボタンをクリックする

step2.変数の設定から、データレイヤーの変数を選択

step3.変数名とデータレイヤーの変数名を記入

~記入する変数名及びデータレイヤーの変数名~
変数名:gtmTimer
データレイヤーの変数名:gtm.timerElapsedTime

gtm.timerElapsedTimeの変数にて、Googleタグマネージャーがミリ秒でデータを取得しています。変数の設定が完了したら保存してください。

step4.もう1つユーザー定義変数を作成する

step5.変数の設定からカスタムjavaScriptを選択

step6.変数名とjavaScriptを記入する

変数名gtmTimerJS
カスタムjavaScript ※推奨:下記をコピペ

function() {
return Math.floor({{gtmTimer}} / 1000);
}


こちらも
変数の設定が完了したら保存してください。この変数で先ほど作成した、『gtmTimer』の”ミリ秒”のデータを”秒”に変換しています。

step7.『トリガー』を選択し、『新規』をクリック

step8.トリガーの設定から、トリガータイプ『タイマー』を選択する

step9.トリガーの条件等を設定する

~記入項目~
トリガー名:gtmTimerトリガー
イベント名:gtm.timer
間隔:1000    
制限:20
トリガー有効化条件:①Page URL ②正規表現に一致 ③.*

上記の設定で1000ミリ秒(1秒)ごとに20回までタイマーが起動するといった設定です。
つまり、1秒ごとに20回まで計測が行われ、20秒までの滞在時間が計測できる設定になっています。

設定が完了したら保存してください。

step10.タグを選択し、新規をクリック

step11.トリガーをクリックし、先ほど作成したgtmTimerトリガーを選択

step12.タグの設定を選択し、タグタイプのGoogleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクスを選択

step13.トラッキングタイプを『イベント』にし、イベントトラッキングパラメータ・Googleアナリティクス設定を行う

~設定項目まとめ~
タグ名・・・タイマー(推奨:分かりやすいもの)
タグタイプ・・・Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
トラッキングタイプ・・・イベント
カテゴリ・・・Timer(推奨:分かりやすいもの)
アクション・・・{{Page Path}}
ラベル・・・{{gtmTimerJS}}s
このタグでオーバーライド設定を有効にする・・・チェックを入れる
トラッキングID・・・計測したいGoogle アナリティクスのIDを記入する

※注意点・・・非インタラクションヒットは直帰率に影響を与える設定です。もし『偽』を選択した場合、タイマータグが発火すると、それは直帰と計測されません。例えば、WEBページに来訪して1秒しか滞在していなくても、タイマータグが発火していたら、それは直帰とみなされないということになります。

タグの設定項目の記載が完了したら、保存してください。

step14.作成したタイマータグが、プレビューモードで正しく発火しているか、確認してから公開する。

測定されたタイマーを確認

測定したタイマーの結果をGoogleアナリティクスで確認していきます。
設定したタイマータグの結果は、『行動』の『イベント』で確認することができます。

また、『上位イベント』を選択し、先ほど設定した「Timer」を選択します。

するとページごとの画面となり、確認したいページのURLを選択すると、選択したページの”真の滞在時間”を知ることができます。

※補足

『step9』で設定した、間隔と制限を
間隔:60000
制限:1
と設定すると、60秒のみのタイマー設定が可能です。

この時、合わせて
トリガー名:「タイマー60秒」
トリガー設定のイベント名:「gtm.timer60
タグ名:「60秒滞在」
イベントトラッキングのパラメータ:「60s」
と設定しておくと管理も見やすくなります。

またこのとき、直帰率に影響する非インタラクションヒットを「偽」に設定しておくと、60秒間じっくり読み込んだユーザーを直帰のカウントから外すこともできます。

まとめ

このようにGoogleタグマネージャーでは、タグを作成してタグの発火を計測することにより、Web解析に役立てることができます。

この記事では、滞在時間の計測方法を紹介しましたが、他にも『スクロール率』『ボタンのクリック数』なども、Googleタグマネージャーを使用して計測することが可能です。

ユーザーの行動を分析し、より改善活動を活発にするため、この真の滞在時間の計測以外にも、タグを作成することをオススメします。

この記事を読んで、日々の解析業務に役立てていただけたら幸いです。

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事