Googleタグマネージャーでスクロール率を計測する方法

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

WEB解析でスクロール率を計測できることをご存じでしょうか?
どのくらいページが読まれたかが分かる指標が『スクロール率』です。

『スクロール率』は、ユーザーのページの満足度を知るためにも、設定しておきたい指標の1つとなります。
設定は、Googleタグマネージャーでタグを発行して、計測することが可能です。

そこで今回は、Googleタグマネージャーを使ったスクロール率の設定方法、活用方法をご紹介していきます。

スクロール率を取る目的・メリット

スクロール率を計測するメリットとして、ユーザーがWEBページ内のどこのコンテンツで離脱しているか?を計測できることです。
ページ内のどこのコンテンツで離脱しているのかが分かることによって、ページ改善に役立てることができます。

例えば、ページ内のスクロール率10%に該当するコンテンツAで、スクロール率の指標が大きく減少していた場合は、コンテンツAの内容・デザインを見直しをすることで、CVRを改善できるとという仮説を立てることができます。

下記のサイトの場合、スクロール率10%がファーストビューに該当するため、改善要素として、『キービジュアル』や『キャッチコピー』といった項目が挙げられます。

このように、スクロール率を計測することによって、仮説を立てやすくなり、サイト改善に役立てることができます。
また、CTAボタンの効果計測として、クリック数を測定すると、さらに詳細な数字が確認できてオススメです。

Googleタグマネージャーでクリック数を計測する方法はこちら!

設定方法の紹介

それでは実際に、Googleタグマネージャーでのスクロール率の設定方法をご紹介します。

step1.まず、Googleタグマネージャーのワークスペースから、変数を選択し、組み込み変数画面の右上にある設定ボタンをクリックする。


step2.『組み込み変数の設定』のタブから、スクロールのScroll Depth Threshold、Scroll Depth Units、Scroll Directionの3つにチェックを入れる。

~各組み込み変数の意味~
Scroll Depth Threshold・・・トリガーが呼び出されたイベントでの、トリガーで設定された、しきい値。
Scroll Depth Units・・・トリガーが呼び出されたイベントでの、トリガーで設定した、しきい値。
Scroll Direction・・・トリガーが呼び出されたイベントでの、トリガーで設定したスクロール率の方向。

step3.トリガーを選択し、新規をクリック。

step4.トリガーの設定から、トリガータイプのスクロール距離を選択


step5.『縦方向スクロールの距離』を選択し、計測したいページのスクロール率を記載していく

※基本的に、WEBページは縦方向に読まれて行くので、『縦方向スクロールの距離』を例に紹介させていただいています。10,20,30の様に記載したら10%ごとのスクロール率が、20,40,60の様なら、20%ごとのスクロール率が計測できます。

step6.『すべてのページ』か『一部のページ』のどちらかを選択し、名前をつけてトリガーを保存する

step7.タグの新規ボタンから、スクロール率のタグを作成していく

step8.タグ設定の画面からトリガーをクリックし、先ほど作成した「スクロール率」のトリガーを選択します

step9.『タグの設定』を選択し、タグタイプのGoogle アナリティクス: ユニバーサル アナリティクスを選択します

step10.トラッキングタイプを『イベント』にし、イベントトラッキングパラメータ・Google アナリティクス設定を行う



~タグの設定項目まとめ~
タグ名・・・スクロール率(推奨:分かりやすいもの)
タグタイプ・・・Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
トラッキングタイプ・・・イベント
カテゴリ・・・scroll(推奨:分かりやすいもの)
アクション・・・{{Page Path}}
ラベル・・・{{Scroll Depth Threshold}}%
このタグでオーバーライド設定を有効にする・・・チェックを入れる
トラッキングID・・・計測したいGoogle アナリティクスのIDを記入する

※注意点・・・非インタラクションヒットは直帰率に影響を与える設定です。『偽』を選択した場合、スクロール率のタグが発火すると、それは直帰と計測されません。例えば、WEBページに来訪して10%しか読まれなくても、10%のスクロール率のタグが発火していたら、それは直帰とみなされません。

step11.作成したスクロール率のタグが、プレビューモードで発火してるか、確認してから公開する

プレビューモードの詳しい使い方はこちら!

測定されたスクロール率を確認

スクロール率の測定した結果をGoogleアナリティクスで確認していきます。
先ほど設定したスクロール率は、『行動』『イベント』で確認することができます。

Googleタグマネージャーで設定したようにイベントカテゴリに、タグの名前が反映されています。
また、『上位イベント』を選択し、先ほど設定した名前「Scroll」を選択します。
すると、ページごとの画面となり、確認したいページURLをクリックすると、選択したページのスクロール率を確認することができます。


補足 ヒートマップとの違いは?

スクロール率がアクセスしたユーザーが、ページの何%まで読んだかを測る指標というなら、『ヒートマップでもいいのではないか?』と思われるかもしれません。

実際にヒートマップでも、ユーザーが何%まで読んだかを計測することができます。
なので、スクロール率を測るのにヒートマップを使用してもいいのですが、Googleタグマネージャーでスクロール率の計測を行う事との1番の違いは、導入するのに資金が必要ということです。

ヒートマップを導入するのには、費用がかかってしまいますが、Googleタグマネージャーでのスクロール率の計測は無料で始めることができます。

導入するか否かは、自社のリソースを考えて決定することが必要になってきます。

まとめ

このようにGoogleタグマネージャーでは、タグを作成してタグの発火を計測することにより、ページ改善に役立てることができます。

この記事では、スクロール率の計測方法を紹介しましたが、他にも『タグを使用した滞在時間』『ボタンのクリック数』なども、ページ改善に必要な指標をGoogleタグマネージャーを使用して計測することが可能です。

ユーザーの行動を分析し、より改善活動を活発にするため、このスクロール率の計測以外にも、タグを作成することをオススメします。

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事