データ分析

【CVR向上】GA4でCVとは?UAとの違いから計測方法まで解説!

    2020年にリリースされた解析ツールGA4は、2023年7月1日から旧バージョンUAの計測サービスが終了し、GA4の使用が必須になりました。「操作がわからない」などという意見が多く寄せられています。多くのサポートを行ってきた弊社のプロが、初心者でも操作できるよう今回はGA4✖︎CV(コンバージョン)について解説します。 

    GA4とは

    GA4(Google Analytics 4)は、2020年に発表された新しいバージョンで、UA(ユニバーサルアナリティクス)に代わる分析ツールです。ユーザー中心のアプローチを採用し、分析方法がUAと異なります。

    (GA4に関する詳しい記事はこちら:GA4(Googleアナリティクス 4)とは?導入方法も詳しく紹介 )

    CVとは

    概要: コンバージョン(CV)は、ウェブサイトやアプリ上でユーザーが目的のアクション(購入、登録、ダウンロードなど)を完了することを指します。ビジネス成果を測定する上での重要な指標です。


    UAとGA4のCVの違い

    Universal Analytics(UA)とGA4では、コンバージョンの計測方法が異なります。

    • GA4はCV設定をしなければならない
    • 全て「イベント」で設定
    • UAとga4ではCV数が異なる


    GA4はCV設定をしなければならない

    GA4では、設定をしないとCVを計測してくれません。また、CVを設定する前のデータはCVを見ることができないので、GA4を導入したらすぐにCVを設定しましょう。


    全て「イベント」で設定

    イベントは大きく4つに分類されます。

    • 自動収集イベント
    • 測定機能の強化イベント
    • 推奨イベント
    • カスタムイベント

    イベントに関する詳しい情報はこちら:[GA4] イベントについて (アナリティクス ヘルプより)



    UAとGA4ではCV数が異なる

    UAでは1回の訪問で複数回CV達成しても1のままだったのが、GA4では1回の訪問で複数回CVしたら、その分カウントされるようになりました。なので必然的にGA4での計測の方がCV数は多くなるので注意してください。

    GA4のCV設定方法を解説

    GA4でCVを設定するには2つの方法があります


    ・GA4で設定する方法

    ・GTMで設定する方法

    GA4とGTMを用いた設定方法には、二つのアプローチが存在します。GA4で実施可能な設定は、パラメーターに含まれる項目になります。その他の項目は、GTMを利用してカスタムイベントとして登録することが推奨されます。


    GA4でCVを設定する方法(例:サンクスページ)

    GA4のメニューから

    設定→イベント→イベントを作成をクリック

    カスタムイベントの一覧→作成をクリック

    イベントの作成で、必要な項目を上から入

    カスタムイベント名を入力:サンクスページ到達

    集計する対象のイベントパラメータを入力:

    page_viewが発生したとき、page_location(URL)が/thanks/(サンクスページ)であれば、イベントを計測するという条件になります。

    注意1)event_nameを必ず指定する右上の作成をクリック、完了。

    注意2)イベントのコンバージョンとしてマークを付けるをON。

    推奨イベントも活用してさらにご自身のニーズに適したものにしてください。

    [GA4] 推奨イベント(アナリティクス ヘルプより)


    Google Tag Manager(GTM)を使用した設定


    GTMでの設定について説明します。GTMについての詳しい解説や、初期設定は以下のサイトをご覧ください。

    GTMに初期設定関する詳しい記事はこちら:【最新版】GTM(Google タグマネージャー)とは?導入方法を解説 (2024年2月9日更新)


    GTMを開き、新規でタグを作成しましょう。

    タグの種類:Googleアナリティクス:GA4 イベントを選択。

    設定タグ:測定IDを選択。

    イベント名:は、CVで使用するイベント名を入力。(例;event_CV)

    GTMとGA4の併用に関する詳しい記事はこちら:【初心者向け】GTM×GA4 とは?設定からメリットまで詳しく解説!

    「イベントパラメータ」「ユーザープロパティ」は必要に応じて入力します。

    トリガー設定はUAとGA4で変更ありません。そのため、同じコンテナであれば、UAで使用していたトリガーと全く同じトリガーをGA4のタグに利用できます。

    注意)GA4での設定と同じように、GA4の管理画面でイベントを作成してコンバージョンとしてマークを付けるをONにしましょう。

    分析・確認方法を解説

    コンバージョン数:エンゲージメント→コンバージョン

    コンバージョンしたページ:エンゲージメント→ページとスクリーン


    流入経路のコンバージョン数:集客→トラフィック獲得


    注意点

    うまくCVが表示されない場合は以下のようなことが考えられます。

    • cvのマークできてるか
    • GA4のタグがしっかり設定できているか
    • 除外のフィルタをかけていないか
    • CVの設定はできているか
    • gtmで行った場合→トリガー条件含めで再確認

    ga4で行った場合→タグのイベント名、イベントパラメーター等を再確認

    まとめ

    今回は、GA4でのCV(コンバージョン)設定について解説しました。CVを確認することでさらにGA4を使いこなしてみてください。

    Free Web Hopeでは、GA4の設定からランディングページの戦略まで、デジタルマーケティングに関する幅広い支援を提供しています。さらなる支援が必要な場合は、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。



    Article

    関連記事

    お問い合わせはこちら

    Contact

    成果の出せるLPが欲しい、ABテストや広告運用、引き上げ施策、などのご相談はこちらから!

    お困りのこと

    複数選択可

    ビジネスモデル

    広告費について

    ご入力いただきましたメールアドレス宛てに自動配信メールが届いておりますのでご確認下さいませ。
    2~3営業日内に、担当よりメールにてご連絡を差し上げます。しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。

    Step
    0103