データ分析

【最新版】GTM(Google タグマネージャー)とは?導入方法を解説

    GTM(Google Tag Manager)は、ウェブサイトやモバイルアプリにタグを追加し、管理するための無料のツールです。 タグは、ウェブサイト上のユーザーの行動を追跡したり、マーケティングや分析の目的で使用されます。GTMを使用すると、これらのタグをウェブサイトのコードを直接編集することなく、簡単に追加、更新、または削除できます。 初めての方でも安心してご利用いただけるよう、GTMの基礎知識と導入方法を分かりやすく説明していきます。

     タグマネージャーとは何か?

    タグマネージャーは、ウェブサイトやアプリ上で行われる様々なウェブトラッキングや分析作業を簡単に管理できるツールです。

    ウェブトラッキングとは
    ウェブトラッキングは、ウェブサイトやアプリの訪問者の行動や活動をモニタリングし、データを収集するプロセスです!

    モニタリングとは…あなたのウェブサイトのパフォーマンスや検索エンジンでのランキングを定期的に追跡し、分析するプロセスを指します。

    Google タグマネージャーを使うことで、ウェブページに埋め込む必要のあるコード(タグ)を容易に追加・編集し、それらのタグの動作を統制できます。

    タグマネージャーは、ウェブマーケティングやアクセス解析において、データ収集と分析をスムーズに行うための貴重なツールです。初心者でも使いやすく、効果的なウェブサイトの運用・最適化に役立ちます。

    タグのタイプと目的

    タグタイプの一例を4つ紹介します

    Google Analytics タグ

    新しいGoogle Analytics 4 プロパティでデータを追跡します。

    カスタムHTMLタグ

    任意のHTMLコードをウェブサイトに挿入できます。これにはサードパーティの追跡コードやウィジェットなどが含まれます。

    コンバージョンタグ

    ウェブサイト上での特定のアクション(例: 購入、登録)を追跡するためのタグです。広告のコンバージョンを計測するのに使用されます。

    リマーケティングタグ

    ウェブサイトを訪れたユーザーにcookieを表示するためのタグです。ユーザーの行動に基づいて特定の広告を配信できます。

    Googleタグマネージャー導入のメリット

    Googleタグマネージャー導入の主なメリットは以下の通りです。

    1. 「簡単なタグ管理」

    タグマネージャーを使えば、ウェブサイトに必要なコード(タグ)の管理が簡単になります。

    2. 「迅速な実装」

    タグの追加や変更を素早く行えます。ウェブ開発の知識が不要です。

    3. 「無償提供」 

    Googleタグマネージャーは無料で利用できます。初めての導入に適しています。

    Googleタグマネージャー(GTM)の導入方法を紹介

    ではここからは実際にGTMの操作の説明に入っていきます

    GTMへのログイン方法

    ①Googleタグマネージャーにアクセス

    サイトURL:Googleタグマネージャー

    最初に、Google アカウントにログインします。お使いのブラウザを開いて、Google アカウントにアクセスします。すでにGoogle アカウントを持っている場合は、そのアカウントにログインor アカウントを新規作成していきます。

    ②アカウントを作成

    Googleタグマネージャーに登録するアカウント名と国名を選択・記入していきます。

    ※自分や会社の方々がわかりやすい名前だといいでしょう。

    GTMコンテナの作成手順

    ①コンテナを作成

    (本記事ではWebを選択した際の使い方を紹介させていただいています)

    ログイン後、GTMのダッシュボードに移動します。

    「新しいコンテナの作成」をクリックします。

    コンテナ名を入力し、ウェブサイトの URL を正確に入力します。ウェブサイトを設定する場合、URLは"http://"または"https://"から始める必要があります。

    コンテナが正しく設定されたら、作成(Create)ボタンをクリックし、利用規約に同意してください。

    「コンテナ」とは…あなたのウェブサイトやアプリに関連するすべてのタグ(トラッキングコード)を保持する仮想的な箱のことです。簡単に言うと、コンテナはタグを整理し、管理するための中心的な場所です。

    コンテナの役割

    一元管理:あなたのサイト上のすべてのタグを一つの場所で管理できます。

    セキュリティ:コンテナを使用すると、ウェブサイトのコードを直接変更することなく、タグを追加・更新できます。

    柔軟性:マーケティングキャンペーンや分析ニーズに応じて、簡単にタグを追加・変更できます。

    ②取得したJavaScriptのコードを指示通りにページに埋め込む

    Google タグマネージャー(GTM)の基礎概念を確認してみよう!


    タグ、トリガー、変数とは?

    「タグ」

    タグはウェブサイトに追加するコードやスクリプトで、主にトラッキングやデータの収集、広告の設定などに使用されます。例えば、Google アナリティクスのトラッキングコードや広告ピクセルがタグの一例です。

    「トリガー」

    トリガーはタグがどの条件下で動作するかを制御する要素です。例えば、特定のページが読み込まれたときやボタンがクリックされたときにタグを発火させるトリガーを設定できます。

    「変数」

    変数は情報を格納するためのコンテナです。例えば、ウェブページのURLやページのタイトルを変数に格納し、タグやトリガーで使用することができます。変数を使用することで、柔軟な設定が可能になります。

    管理画面の以下のボタンからから『タグ』『トリガー』『変数』を作成できます。

    タグの正確な動作を確認する方法


    プレビューモードを活用


    『プレビューモード』を使用すれば、作成したタグを公開する前に正常に発火するか確認することができます。

    ・確認方法

    ①コンテナを開いたら、画面の上部にある「プレビュー」ボタンをクリックします。

    ②タグを設置した、確認したいサイトへ移動

    ③下部のデバッグ画面で設定したタグが発火状態にあるか確認

    Tags Fired On This Page・・・発火したタグ

    Tags Not Fired On This Page・・・未発火のタグ

    ④「プレビューモード」で確認出来たら『公開』のボタンをクリック

    ・確認時の注意点

    作成したタグが発火しない!と焦らないでください。
    サンクスページで発火するタグ、30%スクロールしないと発火しない等、発火条件は『トリガー』によって決まります。

    発火条件に達していないのであれば、発火しないのは当然といえます。
    これらのタグの発火を確認するときは、『トリガー』で設定した発火条件をクリアした上で発火を確認しましょう。

    まとめ

    本記事では、Google Tag Manager(GTM)を初心者向けに解説しましたが、タグ管理ツールはGTMだけではありません。

    多様な選択肢が存在する中で、タグ管理ツールの使いやすさは、常に変化するウェブマーケティングの世界において重要な価値を持ちます。

    このガイドが、貴社のデジタルマーケティング活動の改善に貢献することを願っています。

    Free Web Hopeでは、GA4の設定からランディングページの戦略まで、デジタルマーケティングに関する幅広い支援を提供しています。さらなる支援が必要な場合は、ぜひこちらからお気軽にご相談ください。

    下記の記事では、WEB解析を行うのにオススメのタグの設定方法を紹介しています。

    ①スクロール率のタグを設定

    サイトに訪れたユーザーがどれぐらいスクロールしたか?を計測するタグの設定方法を紹介しています。

    参照:Googleタグマネージャーでスクロール率を計測する方法

    ②クリックイベントのタグを設定

    サイトに設置しているボタンをクリックしたかを計測するタグの設定方法を紹介しています。

    参照:Googleタグマネージャーでクリックイベントを計測する方法

    ③タイマーのタグを設定

    サイトに訪れたユーザーが何秒間滞在したか?を計測するタグの設定方法を紹介しています。

    参照:Googleタグマネージャーで”真の滞在時間”を計測する方法

    Article

    関連記事

    お問い合わせはこちら

    Contact

    成果の出せるLPが欲しい、ABテストや広告運用、引き上げ施策、などのご相談はこちらから!

    お困りのこと

    複数選択可

    ビジネスモデル

    広告費について

    ご入力いただきましたメールアドレス宛てに自動配信メールが届いておりますのでご確認下さいませ。
    2~3営業日内に、担当よりメールにてご連絡を差し上げます。しばらくお待ちくださいますよう宜しくお願い致します。

    Step
    0103