Googleタグマネージャーでクリックイベントを計測する方法

  • facebook
  • twitter
  • ブックマーク
  • LINE

Web解析において、ユーザーの動きを知ることは、とても重要です。

『このサイドのボタン、クリックされてるのかな?』
『ここにボタン配置して、どれぐらいクリックされるだろ?』

とボタンの配置1つにおいても、ユーザーの行動が見えないと悩みますよね…。

そこで今回は、ユーザーの動きを知るためにGoogleタグマネージャーを使って『ページ内のどこのボタンがクリックされたか』を計測する方法をご紹介していきます。

クリックイベントを計測するメリット

クリックイベントを計測するメリットは、『ページ内でユーザーが次にアクションした行動がわかる』ことです。
ランディングページに設置しているformボタンや誘導するコンテンツのボタンのクリック数を計測することで、ランディングページからボタンの遷移率を確認し、ページの改善活動に役立てることができます。

クリックイベントの設定方法を紹介

Googleタグマネージャーを使用した、クリックイベントの計測方法をご紹介していきます。

step1.Googleタグマネージャーのワークスペースから、変数を選択し、組み込み変数の設定を選択

step2.組み込み変数の『クリック』の全ての項目にチェックを入れる

~各項目意味~
Click Element・・・クリックされたタグの要素
Click Classes・・・クリックされたタグのクラス属性
Click ID・・・クリックされたタグのID属性
Click Target・・・クリックされたタグのtarget属性
Click URL・・・クリックされたタグのURL
Click Text・・・クリックされたタグのテキスト(内容)

step3.『トリガー』のタブから『新規』をクリックし、トリガーを作成する

step4.『トリガー設定』をクリックし、『トリガータイプ』の『リンクのみ』を選択

step5.『タグの配信を待つ』『一部のリンククリック』を選択し、トリガーの条件を設定していく

※トリガー名は『クリック』等の分かりやすいものにしておきましょう。

step6.『タグ』のタブから、新規をクリック

step7.『トリガー』を選択し、先ほど作成したトリガーを選択

step8.タグの設定を選択し、タグタイプのGoogleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクスを選択

step9.トラッキングタイプを『イベント』にし、イベントトラッキングパラメータ・Googleアナリティクス設定を行う

~各設定項目~
タグ名・・・例)お問い合わせボタンクリック(推奨:分かりやすいもの)
タグタイプ・・・Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス
トラッキングタイプ・・・イベント
カテゴリ・・・例)お問い合わせボタン(推奨:分かりやすいもの)
アクション・・・{{Click URL}}
ラベル・・・{{Page URL}}
このタグでオーバーライド設定を有効にする・・・チェックを入れる
トラッキングID・・・計測したいGoogle アナリティクスのIDを記入する

※非インタラクションヒットとは・・・直帰率に影響させるか否かを選択する設定のことです。『真』を選択する場合、直帰率に影響を与えない設定となります。反対に『偽』の場合は、直帰率に影響を与える設定となります。

step10.作成したクリック計測のタグが、プレビューモードで正しく発火しているか、確認してから公開する

Googleアナリティクスで確認してみよう

測定したボタンのクリック数の結果を、Googleアナリティクスで確認していきます。

設定したボタンのクリック数の結果は、『行動』の『イベント』で確認することができます。
また、『上位イベント』を選択し、先ほど設定したお問い合わせボタンを選択します。すると、お問い合わせボタンをクリックした数を知ることができます。

まとめ

このようにGoogleタグマネージャーでは、タグを作成してタグの発火を計測することにより、Web解析に役立てることができます。

この記事では、クリック数の計測方法を紹介しましたが、他にも『タグを使用した滞在時間』『ページのスクロール率』なども、Googleタグマネージャーを使用して計測することが可能です。

Googleタグマネージャーで”真の滞在時間”の計測方法はこちら!

ユーザーの行動を分析し、より改善活動を活発にするため、このクリック数の計測以外にも、タグを作成することをオススメします。

WEBマーケティングに役立つ資料を
無料で配布しております。

おすすめ関連記事